2004年12月13日

リンク追加しました。
[ お知らせ ]

「さはん」の表紙イラストレーターで友人・石井画伯の日記のページ「フィッシュ・ガーデン」をリンクに追加しました。
石井画伯はシャイな人なので、あまり大々的に宣伝して欲しくはないだろうけど・・なんだか妙に味わい深い文章が魅力的。精力的にライブや映画、展覧会などに出かけているのが素晴らしい、見習いたいものです。

 

2006年2月 6日

ご懐妊。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

って、私ではないです。
年子の妹、しっぽがこのたびご懐妊でございます。
結婚してから2年半、ずっと子供をほしがっていたので、ついに念願の〜、って感じで大喜びしておりました。
女だったら「珊瑚」という名前にすると決めているそうです。
麻美おばちゃん。
って呼んだら絶対返事もしないし、呼ばせるんならお祝いもあげないからね!!
と、強くいっておきました。「あーちゃん」って呼ばせるんだい。
すると相方おかやんは「おかやん」、母はばーちゃんじゃなくて「曜子ちゃん」って呼ばせるのだ、と言い出す。
そこにうちの父。
「じゃあ、オレはミヤちゃん、って呼んでもらう!!」
・・じーちゃん・・それはないだろう・・。

 

2006年10月 3日

おばちゃんになりました。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

ryu2
33歳になったので…というわけではなく、名実ともにおばちゃんになりました。
我が可愛い妹、しっぽ(志穂)ちゃんが10月1日、息子を出産しました。
名前は龍之佑(りゅうのすけ)。ダンナの「絶対に男なら男らしい名前がいい!」というたっての希望により名付けられました。字画の問題で芥川の龍之介の文字だと最悪らしく、ちょっと変わった龍之佑。
龍ちゃん、今のところかなりのパパ似です。
とりあえず「おばちゃん」とは呼ばせない方向で…「あーちゃん」と呼んでもらう予定です。
ちなみにうちの父は「グランパ」と呼んでもらうと言っております(難しいよ!!)。
すごいね、血のつながった赤ちゃんは、やっぱり特別に愛おしいです。
今のところワタクシは当分出産する予定はないので、この龍ちゃんを猫っかわいがりしたいと思います!!
ryu1
龍ちゃんを抱いているのがワタクシ、隣が我が妹しっぽ、龍ちゃんの母。

 

2007年6月13日

結婚することにしました。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

R0011964.JPGと、いうことで。
既にご存じの方はご存じ、そしてうちのお店のサイトでも発表したとおり、今年の秋、私と相方okayanは結婚することにしました。
私の誕生日、9月19日に入籍、そしてその週末9月23日(日)秋分の日に、うちのお店リトル・スター・レストランで結婚披露の会をします。
披露会はおそらく2部構成で、人前式をする1部と、立食パーティの2部という感じでしょうか。
1部には、お店のスペースの都合上、残念ながら、ほんの少しの人数しかご招待することができません(おそらく友人たちもごく少数になってしまう、スマンみんな)。けれど2部では割とフリーな感じのパーティにできればいいなと思っております。
そして、おそらく相方okayanのプチライブもあるはず(私はokayanは、うちのお店の名物店員である前に、ミュージシャンだと思っているのです)。

パーティは自分たちで企画し、友人たちのサポートを受けつつやっていくつもりですので、どうぞよろしく。

ああ、これから秋までやることいっぱい。
自分たちで自分の仕事を増やしているような…。

なぜ結婚すると決めたか? については、また後日に。

 

2007年8月31日

ちょっとした暇つぶしにでも。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

さて、うちのお店、リトル・スター・レストランのwebサイト。ご存じの方も多いとは思いますが、ランチの日替わりメニューと夜の日替わりメニューをお知らせすべく、毎日更新しております。

しかし、それだけではないのです。

リトル・スター・レストランのwebマスターである我が相方okayanが、OPENのころから地道に書き続けている「小さな星日記」通称「ヨタ話」というカテゴリーがあります。これは、okayanが常日頃気になっていることや、記録として残しておきたいこと、お知らせしておきたいことや、嬉しかったこと哀しかったこと…などなど、お店とそれを取り巻く生活の細々としたことを、小さな文章で記録しているものです。

そして毎年今の時期、「ヨタ話大賞」を開催しています。

これは、1年の間にもっとも良かった話、心に残った話、好きな話などを、読者の方に選んで投票していただき、大賞を決めるという、いわばヨタ話界のアカデミー賞です!!(笑)
何をやっとるんだ…とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、こういう形でお客様の反応を知るというのは、私たちが毎日お店を運営していくときの力に、励みになるのです。

ということで、ぜひご一読いただき、投票にご協力お願いします(笑)

投票していただくと、豪華なプレゼント(当選率高し!)があたるかも知れません!
よろしくお願い致します。

 

2007年9月20日

人妻になっちゃいました。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

というわけで、平成19年9月19日、ワタクシ、ミヤザキアサミ34歳の誕生日。
相方okayanと入籍し、無事に?晴れて、夫婦となりました。
今日から人妻、新妻ミヤザキとお呼び下さい…ウソです、普通にミヤザキでお願いします。

朝早めに家を出て、実家によって母に承認のサインをしてもらい、三鷹市役所へ。
テンションの低い窓口の方に婚姻届を出して夫婦になったのでした。
テンションが低すぎて(笑顔もほとんどもらさない)、なんか逆に気恥ずかしい。
すいません、結婚します、申し訳ない…ってあやまっちゃいそうでした(笑)

そしてお店へ。誕生日&入籍ダブルおめでたで、スタッフにオメデトウと言われつつ
照れているのもつかの間通常通り業務はススム…そうそう、日常はつつがなく過ぎてゆきます。
スタッフからもお客様からも、誕生日プレゼントや入籍祝いをいただいたり…
大家さんやその息子の若旦那、そして1階のおもちゃ屋さんにまでご祝儀やお祝いをいただいたり。
思った以上に多くの方の祝福を受けて、本当に楽しい一日でした。

各方面の友人からメールや電話に返信しつつ、あーーー、幸せだ!!
と幸せを存分に味わいました。

なぜ結婚しようと思ったか?については
お店のホームページにちょっと書きましたので、そちらをご参照の程を。

さて、一段落したけど…
週末の結婚式に向けて、まだまだやること山積み!!
当日の細かいメニューもきっちり詰めて行かなくちゃ!!

 

2007年10月10日

「月と太陽」 一生で一番幸せな日。(結婚式編)
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

Wed001この日をそう呼ばなくて、どう呼ぼう。
2007年9月23日、相方改めつれあいokayanと私は、うちのお店、リトル・スター・レストランにて結婚式を挙げました。

写真は式のときではなく、披露会バージョン。式ではティアラ&ベールでしたが、写真がほとんどない…。
デジカメの感度の設定が低かったため、ほとんどぶれてしまって(がーん)。
ということで、私と相方(また、それ以外も含めて)が一緒に写っているナイスショットをお持ちの方は、ご一報下さい&データ送っていただけると幸いです。

さて、結婚式、です。
私たちは、自分たちのお店で、人前結婚式をするという方法を選択しました。
というのも、私もokayanも結婚式の時だけキリスト教徒になるとか、特定の神様に愛を誓うとかが、ピンと来なかったから。そのへんが、この理屈っぽいカップル(私たちだ)らしいところなのですが。どうせ誓うなら、一番愛していて一番信頼していて一番怖い相手。そう、友人親戚一同に結婚を誓うのがいいではないかと思ったのです。
そしてなるべく多くの人にこの結婚式に関わってもらい、これからひとつの家族をつくろうという私たちを応援して欲しかったし、幸せを共有したかった。そのためには人前式が一番私たちらしいと結論が出たのでした。

そういうわけで、昔からの友人たちや親戚、そしてお店のアルバイトを含めた歴代スタッフ全員(リトルスター・オールスターズ)が駆けつけてくれ、結婚式を行いました。

…さて、今回ガッツリ長い話を書かせていただきます。
このスバラシイ日のことを、きっちり書いておかないでどうするよ?

more
 

2007年10月12日

「月と太陽」 一生で一番幸せな日。 (披露会編)
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

RIMG0143
写真は式の前に撮った、宮崎家一同と新郎新婦。

無事?大盛りあがりのうち結婚式が終わりました…が、すでに終了予定時刻を15分ほど過ぎています。
ひとまず大家さんのご厚意で地下のワインセラーのスペースを貸していただいたので、招待客の皆様はそちらの控え室の方に一旦移動していただき、お店は披露会モードにつくりかえる…と言っても開場予定時間まで15分しかない!!
スタッフは皆大あわてでテーブルと椅子を移動して立食スタイルに開場を作り替えたり、料理を用意したりとてんてこまい。私は大泣きに泣いたのでメイクが崩れまくりで、メイク担当の元アルバイト、テラシマに「もう〜全部やり直し!!」と怒られながら、お色直し。式の時のティアラとベールを取って、オルテンシアアズールさんにつくっていただいた生花の髪飾りとか、披露会用のブーケとかに切り替える。白を基調にしていた式の花と違って、今度は私のイメージに合わせてもらった、オレンジと渋い緑、大人の花嫁のブーケにしてもらいました。

more
 

2007年11月15日

しあわせになってね、おばあちゃん。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

先週の11月9日、おばあちゃんが亡くなりました。
92歳、老衰という、大往生でした。

3歳の時から、私が家を出る24歳の時までずっと一緒に暮らしていたおばあちゃん。
おばあちゃんらしい穏やかなイメージはあまり無く、どちらかというとチャキチャキの、ユーモアのある、かわいらしいおばあちゃんでした。

たとえば、大量のミカンを買ってきて、その大小入り混じった大きさを見て、「こりゃ『不揃いのミカンたち』だねえ」なんて言ったりする。
たとえば、こっそり1日1本の煙草を吸っていたりする(さすがに晩年はなかったっと思うけど)。
たとえば、自分でつくった梅酒を、こっそり小さな孫(私だ)に飲ませたりする。
たとえば、久しぶりに実家にかえった私を見て「どちらサマでしたっけ?」と言うので「麻美だよ!!」と本気で言うと、「冗談だよ、冗談。知ってるよ!!」と笑ったりする。

そんなおばあちゃんは、数年前からは、私のことも、自分の息子や娘のことも、あまり分からなくなってしまったようだったけれど、おばあちゃんが元気な頃に家を出てしまった私にとっては、茶目っ気たっぷりの元気なおばあちゃんが、いつまでも記憶の中のおばあちゃんなのです。

本日、おばあちゃんのお別れ会。

おばあちゃんが次の世界でも、しあわせに生きてくれますように。

 

2008年3月19日

必要なときに行動しないのも、ひとつの悪い行動だということです。
[ お知らせ, ミヤザキの日々暮らし。 ]

今年の始めに読んで、たくさんの救いの言葉に出会った本。
抱くことば
こころから尊敬できる人というのはそうそういないけれど、ダライ・ラマ14世は、素直に尊敬し敬愛できる人物です。なりたい大人というべき人物が減り続ける昨今、こんなにチャーミングで懐の深い、希望そのもののような人物というのは、いないのではないでしょうか。

今回のチベットで騒乱が起きたことで、この本で読んだいくつかの言葉を思い出しました。

「必要なときに行動しないのも、一つの悪い行動だということです」

「無関心、ことに他人に対する無関心は、最悪の欠点の一つです」

「宇宙が存在する限り、意識が存在する限り、私も存在する
 助けるために、仕えるために、私にできることをするために。
 こんなふうに考えると、人の内面は強くなり、自信が生まれます」

私にできることは、ほんの少しのことだとは思いますが
今、この現在も、どこかで理不尽な暴力や圧力に怯え、苦しみ、傷つき、さらには命を落としている人がいるということを知っているのに、何もしないというわけにはいきません。
私のこの超個人的なブログを読んでいるのは、ごく少数の人たちかも知れない。
けれどある意味、本当に親密な、心のコミュニケーションをしている方々も多くいらっしゃる。

心からお願いします。
チベットの現状について、本当の今起きている問題について、知ってください!
親愛なる家族、友人たち、ネットで知り合った方々、お店のお客様…、今この文章を読んでいるあなたに、本当に、チベットに目を向けて欲しい。この問題に向き合うには、今しかないのです!

友人であるyama_takaさんが、今回の騒乱のことと、
それに対して、私たちが今できることを紹介されています。
ぜひ、このページを読んで、チベットのことを少し考えてみてください。

チベットのためにできること
http://ymtk.jp/ladakh/2008/03/post_84.html#more

最近見た映画「ペルセポリス」で知ったイランの歴史と現実、
同じく映画「君のためなら千回でも」で突きつけられた、アフガンで起こったこと。
世界のいたるところで、理不尽な暴力と圧力がまかり通っているのだ。
今この瞬間も。
そう思うと、なんだか寒気のような怒りが背中を走るのだ。

 

2011年10月21日

リフォームプロジェクトのお知らせ。

mainphoto.jpg

そういえば、こちらのブログではまだお知らせしておりませんでした。

私とツレアイokayanは、父と一緒に住むことにしました。

つきましては、年末から年明けを目標に実家をリフォームすることを決意。

その決意にいたったいきさつから、リフォームのプランニング、建築家との家作り、お金のこと、などなど、リフォームについて赤裸々にこちらの我々夫婦の共同サイト(ブログ)で、報告させていただくことにしました。

住むとは? 暮らすとは? 生きるとは?

リフォームしながら考えたこと、やったこと。

日々の娯楽に、そして何かの参考にしていただければ幸いです。

 

1